転職コラム

IFAの収入源は何?【ビジネスモデルを図解します】

疑問
  • IFAってどうやってお金を儲けるの?
  • IFAの収入源やビジネスモデルを知りたい。

当記事では上記のような疑問に答え、IFAのビジネスモデルや収入源を図解します。

それではご覧ください。

IFAの収入源とビジネスモデルの図解

IFAの収入源とビジネスモデルの解説

IFAの収入源は細かく分けると、さまざまあります。

IFAの収入源

  • 証券の仲介手数料
  • 預かり資産に応じた報酬
  • コンサルティングの顧問・相談料
  • 生命保険・損害保険外売業務
  • 執筆
  • 講演 などなど

ただし、この中でのメインは、「証券の仲介手数料」です。つまり、金融商品の仲介を行って、証券会社から手数料をもらうビジネスです。

以下で図解してみました。

IFA法人と証券会社が契約している場合、以下のような流れで取引が進みます。

  • IFAが投資家に金融商品の提案を行う
  • 投資家が証券会社と取引を行う
  • 証券会社は自社の金融商品を提供する
  • 証券会社から仲介料をIFAに支払う

実際に投資家のお客様が取引をするのは証券会社なので、「代理店」とは少し意味合いが異なりますね。「紹介取次」の方がイメージ近いです。

で、業務委託をしているIFAの場合は、報酬から「設定されたバック率」を掛け合わせた分が自身の収入となります。

例)「証券会社からの報酬:1000万円」×「IFA法人で定められたバック率:70%」=「収入:700万円」

バック率については、ご自身の売上によって変化したり、金融商品ごとに設定されているケースもあります。

詳しく知りたい方はバック率について詳しくまとめた記事をご覧ください。

おすすめ
IFAのバック率相場は?【報酬体系別に解説します】

【参考】コンサルティングの場合のビジネスモデル

ちなみに、先ほど説明した内容は、IFA法人と証券会社が契約している場合のモデルです。

IFAはすべての証券会社の金融商品を扱えるわけではないので、当たり前ですが、契約していない金融商品も存在します。

そして、契約していない金融商品を投資家におすすめする場合は、投資家のお客様と相談した上で、「コンサルティングの相談料」をもらうというケースがあります。

コンサルティング業務を行う場合は、以下のようなモデルです。

IFAのコンサルティングのビジネスモデル

IFA法人と証券会社が契約しておらず、投資家とコンサルティング契約を結ぶ場合、以下のような流れで取引が進みます。

  • IFAが投資家に金融商品の提案を行う
  • 投資家が証券会社と取引を行う
  • 証券会社は自社の金融商品を提供する
  • 投資家から相談料をIFAに支払う

今度はIFAに対して報酬を払うのが、証券会社ではなく、投資家となります。

投資家と一蓮托生になるIFAにとしては、例え契約していない金融商品でも、お客様にとって良いものであれば提案するという姿勢が求められることもあります。

その場合は、投資家と相談しながら、このような形式でビジネスを行うことも可能です。

ただしコンサルティングで報酬を得るためには、助言業の免許が必要となります。

今回の件で、IFAになることに興味を持った方は、是非以下の記事をご覧ください。

おすすめ
IFAになるには?【転職・独立の流れや要件をプロが解説】

IFAへの転職・独立に失敗しないためのポイント

IFA転職・独立に失敗しないためのポイント

最後に、IFAの転職に失敗しないためのポイントをご紹介します。

ポイントとしては、

とにかく条件をしっかり比較すること

これに限ります。

報酬・待遇は必ず比較しましょう

IFA法人各社の条件は必ず比較しましょう。

各社で扱える金融商品も異なれば、報酬体系やバック率が異なります。場所代がかかるところもあればかからないところもあります。

同じお客様に、同じ商品を販売しても、バック率が異なると収入が変わってしまいます。

IFAになろうとする人は、「もっと稼ぎたい」とか「もっとこういう商品を提案したい」などの野望があってのことだと思いますので、しっかりと比較して、あなたの求める条件にマッチしたIFA法人を選びましょう。

IFA法人の方針もしっかりと知りましょう

IFA法人によって、企業の運営方針が異なります。

会社をチームワークで大きくしていこうという法人もあれば、個人主義で、業務委託中心の法人もあります。

IFA法人の方と面談する際は、ただ相手からの質問に答えるだけではなく、積極的に質問をして、ご自身の求める環境にあったものかどうかを自分で見極めることが重要です。

・・・と理想を語ってみましたが、実際は忙しい毎日を送る中で、複数のIFA法人を調査して比較するのはなかなか大変ではないでしょうか。

そこで↓

IFA転職比較ドットコムを無料で使ってみませんか?

私たちが運営するIFA転職比較ドットコムというサービスを利用すると、IFA法人を比較する労力や時間を大幅カットできます。

というのも、こちらのサイトでは以下のキャンペーンに申し込むことが可能です。

 

全国の厳選IFA法人の待遇を
比較できるシートをプレゼント

 

各IFA法人の待遇や報酬条件、取扱商品などを一覧比較することができます。

費用も労力もかけずに、以下のようなシートがダウンロードできます。シートを参考にするだけでも損はないはずですので、ぜひご活用ください。

待遇比較シートの無料DL

>公式サイトで詳細を知りたい方はこちら<

-転職コラム

IFA法人の比較表の無料DLはコチラ!
IFA法人の比較表の無料DLはコチラ!