top of page

IFAの業務内容は?【現役IFA達の1日のスケジュールも公開】

更新日:4 日前


当記事では、上記のような疑問にお応えします。


記事の内容は以下の通りです。





それではご覧ください。



IFAの業務内容は?【証券会社の営業と大差なし】

IFAの業務内容は証券会社の業務内容と大差ありません。


例えば基本的な業務内容でお伝えすると以下の通りです。



このように証券会社の営業と仕事内容がほとんど同じなのにも関わらず、人によっては年収が数倍上がったり、転勤がないなどの条件があることで、IFAの人気が高まっています。


部下のマネジメントや教育から解放されるケースも多い

個人事業主のような働き方になる業務委託のIFAについては、部下のマネジメントや教育などの業務から解放されるケースが多いです。


マネジメントに時間を使わなくて済む分、ご自身の営業活動に集中することができます。


この辺りの事情に関しては、IFA法人の方針によっても異なるので、直接IFA法人との面談等の際に確認をした方が良いでしょう。


では次に現役IFAに聞いた実際の1日の流れを見ていきましょう。



現役IFAの1日のスケジュールを4つ紹介

IFAには業務委託契約で働く場合と、正社員として働く2つのケースがあり、それぞれで働き方が異なります。


そのため、今回は業務委託IFA2名、正社員IFA2名に聞いた、合計4パターンの1日の流れを紹介します。





1人目:業務委託IFA【家族との時間を大切にする方のとある1日】


〜現役IFAの方のコメント〜


2人目:業務委託IFA【会社を有効活用するの方のとある1日】



〜現役IFAの方のコメント〜


3人目:正社員IFA【まだ顧客の少ない若手の方のとある1日】


〜現役IFAの方のコメント〜

4人目:正社員IFA【家族重視の方のとある1日】


〜現役IFAの方のコメント〜


4人の現役IFAの方のリアルな働き方を紹介させていただきました。みなさん、自分らしく働ける環境に身を置くことで、生き生きとされていました。


見ていただいた通りですが、IFAとしての働き方は、業務委託契約か、正社員契約かによっても大きく変わりますし、IFA法人の方針によっても1日の流れは大きく変わってきます。


そのため、ご自身の理想のライフスタイルに合うIFA法人に転職したいのであれば、複数のIFA法人の待遇や方針を比較することがとても重要です。



最後に、IFAの転職に失敗しないためのポイントをご紹介します。


ポイントとしては、


とにかく条件をしっかり比較すること

これに限ります。

報酬・待遇は必ず比較しましょう

IFA法人各社の条件は必ず比較しましょう。


各社で扱える金融商品も異なれば、報酬体系やバック率が異なります。場所代がかかるところもあればかからないところもあります。

同じお客様に、同じ商品を販売しても、バック率が異なると収入が変わってしまいます。


IFAになろうとする人は、「もっと稼ぎたい」とか「もっとこういう商品を提案したい」などの野望があってのことだと思いますので、しっかりと比較して、あなたの求める条件にマッチしたIFA法人を選びましょう。


IFA法人の方針もしっかりと知りましょう

IFA法人によって、企業の運営方針が異なります。


会社をチームワークで大きくしていこうという法人もあれば、個人主義で、業務委託中心の法人もあります。


IFA法人の方と面談する際は、ただ相手からの質問に答えるだけではなく、積極的に質問をして、ご自身の求める環境にあったものかどうかを自分で見極めることが重要です。


・・・と理想を語ってみましたが、実際は忙しい毎日を送る中で、複数のIFA法人を調査して比較するのはなかなか大変ではないでしょうか。


そこで↓


私たちが運営するIFA比較転職ドットコムというサービスを利用すると、IFA法人を比較する労力や時間を大幅カットできます。


というのも、こちらのサイトでは以下のキャンペーンに申し込むことが可能です。





各IFA法人の待遇や報酬条件、取扱商品などを一覧比較することができます。


費用も労力もかけずに、以下のようなシートがダウンロードできます。シートを参考にするだけでも損はないはずですので、ぜひご活用ください。



bottom of page